ガール

小学生から学ぶ英語|将来の為に必要な言語

スクール選びが重要です

女性と子供

インターナショナルスクールは、入学にあたり英語力不問のケースもあります。また、日本人の多いスクールもあり、子供も親も馴染みやすい反面、英語力や国際感覚という面で身につきにくい可能性があります。それぞれのメリットとデメリットを確認し、スクール選びを進めましょう。

親の心得は何事も大事

キッズ

子どもに何かさせたいという親心は誰しも持つものです。特にスポーツの習い事は分野も広く、施設数も増えてきて習うことが当たり前のような時代です。そこで今回はまず知っておくとよい点とスポーツ教室特有の注意点、親としての心得、次にスポーツの習い事の目的と親としての注意点について述べました。

見分け方を押さえよう

女児

世田谷の幼児教室を選ぶ際に気をつけるべき点は、実際に自分の目で確かめて子どもを体験させることです。世田谷の幼児教室は、幼少受験に力を入れている教室やリトミックなどさまざまな体験ができる教室などさまざまな特徴があります。

子どもに必要なことは

子供と男性

まずは親しみを

日本は公用語は日本語ですが、世界的な動きから見ても、もはや英語の能力を身に着けることは仕事、教育などの幅広い面で必須になっています。公立小学校でもこうした動きは加速しており、早期英語教育のカリキュラムを文科省も提唱しています。日本語と英語の違いは文法に強く現れているので、発音だけではなく理解度も高める必要があります。小学生はまだ英語教育だけでなく、理解度の礎になる国語教育も早期の段階ですから、文科省においても小学生の英語教育は理解度を深めるまえの「助走」に位置付けて考えています。そこで、大切なことは英語を楽しんで学ぶことです。知っている単語を増やすことも重要ですが、小学生ならではの柔軟な姿勢で英語を知っていくことも大切です。

受験向けとは

東京、大阪、名古屋などの都市圏に置いては私立の受験を行う子どもも多くなっています。特に中学受験は人気があり、小学生のころから受験に向けた塾に通う子も増えています。私立への受験の場合、学校ごとに出題傾向や英語等の出題方法も変わっています。公立教育の現場とはテストで問われる内容に開きがります。文法に特化しているところや、リスニング能力に力を入れているところなどがあるので、受験向けに英語を鍛えたい方は塾などに予め相談するようにしましょう。自分が受験を希望する学校を目標に定めることで、どのような英語を身に付ければよいのかわかります。受験戦争、などと呼ばれる言葉もありますが、早い段階から集中して勉強する方法を身に着けることは思考を鍛えるチャンスです。